読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘いものが好きです

iOS App開発時に感じた疑問や課題、その他の雑感などを書いていきます。

Xcodeをv4.2.1からv4.3に更新

Xcode v4.3がMac App Storeで公開されたので、v4.2.1からv4.3に更新することにした。*1

Mac App StoreXcode*2についての「無料」ボタンを押下するとボタンの表示が「Appをインストール」に変化する。この状態のボタンをさらに押下すると(認証が行われていなければ認証後に)インストールが開始される。インストール状況はLaunchpad等で確認することができる。

v4.3ではインストール終了までの一連の作業を一度に行う

v4.2.1のインストールは次の手順で行った。*3

  1. Mac App Storeからインストーラをダウンロードする。
  2. ダウンロードが終了したらそのインストーラを手動で実行する。

v4.3ではMac App Storeで「Appをインストール」ボタンが押下されるとインストール終了までの一連の作業が自動的に実行される。(ただし、Xcodeが起動中の場合にはインストール作業が一時中断され、途中でXcodeを終了するように指示される。)

Xcode v4.3のパス

LaunchpadのDockアイコンからプログレスバーが消えてインストールが完了したことを確認し、DockにあるXcodeアイコンからXcodeを起動したところ、何度確認してもXcodeのバージョンが4.2.1と表示されていた。そこで、もしやと思い Lanchpad -> Developer -> Xcode とたどって起動すると、今度はv4.3のXcodeが起動された。どうやらそれまでのバージョンとv4.3とではパスが異なっていたのが原因のようだ。

v4.2.1とv4.3でXcode.appおよびiPhone Simulator.appのパスを比較すると、次のようになっていた。

v.4.2.1
  • /Developer/Applications/Xcode.app
  • /Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone Simulator.app
v4.3
  • /Applications/Xcode.app
  • /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone Simulator.app

古いバージョンのXcodeを削除する

Xcode v4.3の初回起動時には利用規約に同意した後に「Remove Older Xcode Tools」というウィンドウが表示される。このウィンドウ内に、インストール済の古いバージョンのXcodeが一覧表示される。「Move to Trash」ボタンを押下すると、そのバージョンのXcodeがアンインストールされる。

*1:更新時のOSはMac OS X 10.7.3。

*2:[http://itunes.apple.com/jp/app/xcode/id497799835?mt=12:title]

*3:参考:[http://d.hatena.ne.jp/captainshadow/20111222/1324563309:title]