読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘いものが好きです

iOS App開発時に感じた疑問や課題、その他の雑感などを書いていきます。

AppleCare登録済iPhone 4Sに付属していたケーブルの交換依頼を出してみた

先日、iPhone 4Sに付属していた30ピン-USBケーブルの皮膜が破れて断線寸前になってしまった。



このiPhone 4SはAppleCareに登録済だったので、Appleのサポートページから交換依頼を出すことにした。

サポートへのお問い合わせページから手続きを開始

このページにある「こちらからスタート」ボタンをクリックし、手続きを開始する。

Apple Careの登録をしているデバイスから対象のiPhoneを選択

画面に以下の4つのメニューが現れる。

  • すべての製品とサービス
  • 登録済みの製品
  • お問い合わせ内容と修理状況
  • 請求と販売

今回はAppleCareの登録をしているiPhoneの付属品の交換について手続きしたいので、「登録済みの製品」を選択する。Apple IDによるサインインを済ませるとAppleCareで登録している製品の一覧が画面に表示されるので、今回付属品を交換する対象のiPhoneを選ぶ。

確認内容から「ケーブルの交換」を指定する

確認内容を選択する画面では、「サービスリクエスト/トラブルシューティング」→「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」→「ケーブル」の順に選択する。

交換部品発注手続き

最後に、交換部品の発注を行う。「Cable, Dock Connector to USB, 700mm」*1を選択し、交換部品の送付先や支払方法などについての設定を行う。交換部品の費用や送料の負担額はないが、指定された期間内に破損したケーブルを送り返さないと違約金*2がかかってしまう。ここで支払いについての設定を行うのはそのため。

発注手続きが完了すると、修理IDが発行され、Apple IDに対応するメールアカウント宛にメールが届く。あとは交換部品が届くのを待ち、届いたら破損したケーブルをAppleに送り返せばよい。

2013/06/27追記

交換部品は翌日には手元に届いた。

*1:画面には日本語名で表示されていたかも……。

*2:2205円。