読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘いものが好きです

iOS App開発時に感じた疑問や課題、その他の雑感などを書いていきます。

Twitter社へのxAuth利用申請

iPhone Appからtweetを送ったりキーワードでtweetを検索したりする機能を実装することになった。この機能を実装するためにTwitterアプリケーションを登録しxAuth利用申請を行った。手続きの大まかな内容をメモしておく。

Twitterアプリケーションの登録

iPhone AppからTwitter APIを使用するために、まずは「Twitterアプリケーション」を登録しなければならない。TwitterアプリケーションとはTwitter APIを利用するアプリケーションやWebサービスの総称である。つまり、今回は作成するiPhone AppをTwitterアプリケーションとして登録すればよい。

Twitterアプリケーションを登録するためにはTwitterアカウントが必要となる。そのアカウントでTwitterにログインし、「アプリケーション登録申請」のページ(http://dev.twitter.com/apps/new)を開く。申請対象のアプリケーションに関する情報をこの登録申請ページのフォームに記入する。今回はiPhone Appの中からtweetを送信したり検索したりするので、アプリケーションの種類には「クライアントアプリケーション」を、標準のアクセスタイプには「Read & Write」を指定しておく。画面下部の「アプリケーションを登録する」ボタンを押下するとアプリケーションの登録は完了する。登録した情報は後から変更することもできる。

登録したTwitterアプリケーションはアプリケーション一覧のページ(http://dev.twitter.com/apps)に表示される。また、個々のTwitterアプリケーションには専用のページ(http://dev.twitter.com/apps/[Application ID])がある。

xAuth利用申請

Twitterアプリケーションは作成時にはxAuthによるアクセスが許可されていない。xAuthによるアクセスを可能にするためには、api@twitter.com 宛に利用申請のメールを送信して、Twitter社から許可を得なければならない。申請者とTwitterのメールのやりとりの内容を以下に示す。

申請者からのメール1



Hello.


My name is [申請者名]. My twitter id is @[申請者のTwitterアカウント].


I'm developing "[申請対象アプリケーションの名前]", an iPhone App for ... (アプリケーションの主な目的).
Target platform is iPhone. Version is 3.1.3 and later.
Please permit the access to xAuth from my application.


http://dev.twitter.com/apps/[申請対象アプリケーションのID]


I attached screenshot images to this email.


Thanks,


[申請者名]

最初のメールでは次の点を簡単に記載した。

  • 申請者名
  • 申請者のTwitterアカウント
  • Twitterアプリケーションの名前
  • Twitterアプリケーションの主な目的(1文で簡潔に)
  • Twitterアプリケーションの対象プラットフォームとバージョン(今回はiOS Ver.3.1.3以降)
  • TwitterアプリケーションのページのURL
  • Twitterアプリケーションのスクリーンショット(添付ファイル)


Twitterからのメール1

約9時間半後にTwitter社の担当者から次のようなメールが届いた。

Hi [申請者名],


Thank you for writing in. In order to review your application for xAuth access, we need some more information about your application, including its user-facing Twitter functionality, a link to its website and a screenshot of it in action. Our ticketing system does not accept attachments, so please upload the screenshot to your server or an image host instead.


Thanks,


[Twitter社の担当者名]

このメールでの指摘・要求は

  • アプリケーションについてのより詳細な情報を記載してほしい。
  • スクリーンショットはメールに添付するのではなくサーバにアップロードしなければならない。

の2点である。

申請者からのメール2

そこで、自社のWebサーバにスクリーンショットをアップロードし、返信メールにはそのURLを記載した。また、アプリケーションはリリース前なので公式発表されている情報はないと断った上で、アプリケーションの目的、提供する機能、ユーザの操作内容等について少し詳しい説明をこのメールに記述した。念のためにxAuthアクセスの必要性も強調しておいた。



Hi [Twitter社の担当者名],


Thank you for your reply.


My application is designed to ... (アプリケーションの詳細な内容)


There is no information about my application on Apple's App Store and on my web pages now because it is not released yet. I want to release it after finishing implementation of tweet function with xAuth and refining usability. I tried to use OAuth at first, but it needs too many steps to access to Twitter. I would like to use xAuth in order to improve usability and make my application more user-friendly.


I uploaded screenshots to my web server.
[スクリーンショットのURL]


Thanks,


[申請者名]


Twitterからのメール2

また9時間半後くらいに返信がきた。上記の内容で問題なくxAuthが許可されたとのこと。



Hi [申請者名],


Thanks for providing the information requested. Your application now has the ability to use xAuth, and our documentation is available here: http://dev.twitter.com/pages/xauth .


Thanks,


[Twitterの担当者名]