読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘いものが好きです

iOS App開発時に感じた疑問や課題、その他の雑感などを書いていきます。

Xcodeに標準でついてくる帯域制限アプリ「Network Link Conditioner」

Xcodeに標準でついてくるNetwork Link Conditionerという帯域制限アプリが次の記事で紹介されていたので試してみた。
標準で付いてくる開発用ネットワーク帯域制限アプリ | Cocoaの日々情報局

導入方法

/Developer/Applications/Utilities/Network Link Conditioner/Network Link Conditioner.prefPane
を実行するとシステム環境設定の「その他」領域に「Network Link Conditioner」が追加され、すぐに使用することができる。

「Network Link Conditioner」と「SpeedLimit」

システム環境設定に追加する形式の帯域制限アプリとしては、Network Link ConditionerのほかにもSpeedLimitがある。SpeedLimitでは接続先ホストによる設定が可能なのに対し、Network Link ConditionerではパケットロスやDNS遅延などについての設定ができるようだ。通信速度の調整が主な目的の場合はNetwork Link Conditionerの方が使い勝手が良いと感じたので、基本的にNetwork Link Conditionerを使用し、必要に応じてSpeedLimitを代用するという使い分けになりそう。